2005年7月21日 (木)

お中華オフィス

私の仕事先では日本人同士、中国語で漢字を確認しあう、ということが珍しくない。
「カナウチさんからお電話がありました」
「カナウチさんて、ジンネイ、ね」
「そうそう、ジンネイ」

精算して
「わあ、ジャマクイ!ラッキー」

きっと向かいのおしゃれな外資系ビルで働くおしゃれな外資系の人たちは英語でこういう会話を繰り返しているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

巨大中国地図、あります。

いよいよ明日は事務所の引っ越し。いろんなものが「不要」認定され、欲しい人は持って行ってよし!状態なのだが・・・

会議室に飾ってある、横2mはあろうかという、巨大な中国地図に「不要」のシールが貼られていた。

「え?捨てるの?」

「欲しいなら持って行く?」

「・・・(んなバカな)」

ちなみに中国語によるこの地図、額はオーダーメイドで作っていて結構お金がかかっている。もったいないけど、引き取り手なし、で明日には廃棄される運命だ。

少し古い情報だけどかなり細かい地名が入っていて、中国に行きたい、という思いがかきたてられる逸品です。引き取りたい方は明日までに連絡ください??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月30日 (木)

新シルクロード展にかけこむ!

「新シルクロード展」が7/3までなので、あわてて行ってきた!
平日ということもあって、会場はかなり平均年齢が高く・・・それだけにみなさん大変熱心に見学。

見応えのある展示物ばかりだったけど、中でも印象に残ったのが「嬰児のミイラ」。
鮮やかな藍と紅の毛布にくるまれた、小さな小さなミイラだった。
そばにはほ乳瓶のような容器もおかれ、この赤ちゃんを葬った両親の深い愛情と悲しみが伝わってきて、ちょっとホロリとしてしまった。

ああ、行きたい、シルクロード!(西安・乾陵までしか行っていない)

ところで江戸東京博物館は初めて行ったけど、時間があったら常設展もみたいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月28日 (火)

もらってうれしい中国土産とは?

いよいよ仕事先の引っ越しが近づいてきた。
その機会に、いろんな「所蔵品」が処分されるので、お宝探しをしてみた。
その中から気に入ったものは持って帰っていいのだ。

だいたいは中国のあちこちの政府、機関が表敬訪問などに訪れたときにお土産として渡されたもの。
数は結構あるのだが、正直「微妙」なものも多い。
巨大な飾り皿、青銅器「鼎」のレプリカ・・・掛け軸も「○○政府贈」なんてあってコレクションにはどうか、というもの。
結果として、これぞというものはなかった。
これなら最近よくある「烏龍茶」のお土産が個人的にはうれしい。
というのも烏龍茶を飲むのは私ぐらいで、結局、私がもらえるというパターンが多いからだ。
おかげで最近は中国茶をあまり買わずに済んでいるほど。

ちなみに最近、宜興紫砂の大きな茶壺で飲んでいる。あのちっちゃい茶壺でなく、マグカップたっぷり飲めるサイズの大きなもの。ゆっくりお茶を楽しむんではなく、食事のときたくさん飲むときはこちらが便利。
これも無錫の関係機関のお土産なのだ。
(しかも重いから、と他の人もくれたので2つゲットしている)

中国茶関係にあまり興味がない人たちばかりで、トクをしているのである。
(関係各位の方、これからもお茶関係のお土産歓迎いたします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他お中華 | 中国旅行 | 中国映画 | 中国茶 | 趣味