« 第1回講座の内容 | トップページ | 4作品追加しました。 »

2005年10月25日 (火)

「単騎、千里を走る」他見てきました。

昨日、特別上映会があり、

チャン・イーモウ監督の最新作「単騎、千里を走る」と

楊亜州監督の「どじょうも魚である」を見てきました。

2人の監督の舞台挨拶もありました。

さて、作品は・・・いい。いいです。久しぶりに、「ヒューマンドラマ」に泣きました。

高倉健さんがシブイいぶし銀の演技なのは当然なのですが、やっぱり「ずぶの素人」の子役でっせ!ヤンヤンがまた泣かせてくれる&麗江の自然&イナカの人々がまたいい味!公開前なので詳しく書けませんが、見た方がいいですよ。

「どじょう」の方は、「民工(出稼ぎ)」のリアルな姿を追った力作でした。

|

« 第1回講座の内容 | トップページ | 4作品追加しました。 »

コメント

「単騎…」ご覧になりましたか!
チャン・イーモウ監督が健さんと・・・って、日本人にとっては鳴り物入りですので、どうかな?と思っていたのです。
でも、杞憂のようですね!
「どじょう…」もチェックしていた作品です。
 久しぶりの中華映画。
実はずっしりと重く、滋味に富んでいるようですね。
楽しみです。

投稿: やまゆり | 2005年10月27日 (木) 11時07分

ほんと、いいですよお!
本当に健さんが一人で(頼りないガイドはいますが)千里を駆け巡ります。関羽も義のために立ち上がったけど、この映画の健さんもそう。
あとやっぱりヤンヤンと、名キャラのチューリンさんがいい味出しています。

投稿: 岩茶 | 2005年10月27日 (木) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118539/6559043

この記事へのトラックバック一覧です: 「単騎、千里を走る」他見てきました。:

» 東京国際映画祭「単騎、千里を走る」 [おおた葉一郎 の しょーと・しょーと・えっせい]
東京国際映画祭が開催中だ。主催者は「世界10大映画祭の一つ」というが、10大とはどこだろうと考えると、本当はよくわからない。三大映画祭というと、ベルリン、カンヌ、ベネチアということになり、その他、モスクワ、ロカルノ、モントリオール、サンセバスチアン・・・最後....... [続きを読む]

受信: 2005年10月28日 (金) 17時31分

» 「単騎、千里を走る。」高倉健さん、走る走る。 [soramove]
「単騎、千里を走る。」★★★☆ 高倉健主演、チャン・イーモウ監督作品 2006年1月公開予定、東京国際映画祭にて 10年来、音信の途絶えた 息子がガンで入院したと聞き、 逢いに行くが、病室の前で 拒絶されてしまう。 息子の妻から 渡されたビデオで息子の仕...... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 14時58分

» ★東京国際映画祭〜高倉健と張芸謀(チャン・イーモウ)監督が目の前を〜 [風の吹くまま〜昨日、今日そして明日]
今日は、東京国際映画祭オープニング上映。高倉健主演 張芸謀(チャン・イーモウ)監督『単騎、千里を走る。』の日である。 当たったチケットを見ると、17:40会場18:00開始とある。しかし、更によくみると小さな文字で「16:00オープニングアリーナイベントに入場可」とあるではないか。「なんだこりゃ???」意味がよくわからないので、インターネットで検索してみると、映画祭会場の六本木ヒルズにもうけられたレッドカーペットを、今回の出品作品の出演者... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 16時33分

» 『単騎、千里を走る』(千里走単騎) [しのわずり]
東京国際映画祭が今日閉幕しましたが、短い期間中2度も見た記念すべき映画が『単騎 [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 23時37分

» 単騎、千里を走る~父と息子、家族の絆 [Osaka-cinema-cafe]
映画「単騎、千里を走る」を見て、 日本人と中国人の国境を越えた友情に感動しましたが、 帰ってからニュースで、映画「SAYURI」が中国で上映禁止に なったことを知り、寂しい気持ちにならざるを得ませんでした。 高田剛一(高倉健)は、疎遠になって いる一人息子、健一(中井貴一)が、 ガンで余命少ない事を知る。 健一は、中国の仮面劇のTV取材を していたが、「単騎、千里を走る」の 映像だけは撮り逃していた。 見舞いに行っても会ってくれない、 そんな息子の心を知りたいと思った ... [続きを読む]

受信: 2006年1月24日 (火) 04時45分

« 第1回講座の内容 | トップページ | 4作品追加しました。 »