« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月25日 (火)

「単騎、千里を走る」他見てきました。

昨日、特別上映会があり、

チャン・イーモウ監督の最新作「単騎、千里を走る」と

楊亜州監督の「どじょうも魚である」を見てきました。

2人の監督の舞台挨拶もありました。

さて、作品は・・・いい。いいです。久しぶりに、「ヒューマンドラマ」に泣きました。

高倉健さんがシブイいぶし銀の演技なのは当然なのですが、やっぱり「ずぶの素人」の子役でっせ!ヤンヤンがまた泣かせてくれる&麗江の自然&イナカの人々がまたいい味!公開前なので詳しく書けませんが、見た方がいいですよ。

「どじょう」の方は、「民工(出稼ぎ)」のリアルな姿を追った力作でした。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005年10月13日 (木)

第1回講座の内容

前に書いた中国映画の講座、今日第1回目がありました。
実は講師の先生の話によると、事務局側が「韓流もそろそろ終わって、次は華流(先生はカリュウとおっしゃっていましたが)がくるだろう」との読みで企画された講座なんだそうな。

今日は本題に入る前に中国文化についての概論でした。それと受講生の自己紹介・・・ジェンダーを切り口にしているので、それにひかれて受講している方もいらっしゃいました。
最後の回は中国映画を実際に鑑賞することになっているのですが、「できれば誰も見たことのない作品を選びたい」とのことなので、どの作品になるか、楽しみです。
(そんな作品あるかしら?と心配してみたり)

候補に考えていたらしい「上海家族」は、私を含め2人見ていたのでやめるそうです。もう一人の方は「あまり共感できなかった」とおっしゃっていましたし(同感・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »